fe*

猫 ズ と テ ヅ ク リ セ イ カ ツ 。
by fee_garden
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

a0015800_17102620.jpgツクル意識がひとつにならず空中浮遊して集中力散漫。やりたいことからすっぱり離れて別のことをしよう。
部屋をスッキリ整えて,過去ログ再構築作業と…高相性なhImajine workの再開。PC作業に没頭って時々虚しく感じる。数日後に振り返った時に,手応えがその日だけ抜け落ちている。ゲームもやり過ぎると同じような心境になる。
今はあてのない鎖編みでも,時間のカタチを残すことで確かに安心している。
そして,糸を紡ぐ気持ちで引き抜いているのだと思った。

飽きて,どうしようもなくコレが作りたい!って時がくるまで今はPC作業をしていよう。


■fe* side-b。
[PR]
by fee_garden | 2007-07-31 00:00 | HANDMADE NOTE
a0015800_23515860.jpg小さなもののために,ひと揃えのツールを出す・・・ってのがなかなか^^; で。wool100%な赤い毛糸を探し当てた波に乗って仕上げました,赤いハート。
茶海を保温するためのセーター。丸いキャンドルホルダーを転用してるだけなので取っ手がない硝子ボウル。横着して茶海をカップとして使ってしまったりもするので,何か包むものが必要だったからこんなんをいくつか。
バッグやルームシューズなどで何度かリピート買いしてるブークレーの毛糸。Mrs.Mさんから数年前にいただいたホビホレの毛糸でバッグを編んで,その編み上がりの質感がぬいぐるみのようでかわいいコトを知ったのがはじまり(あの毛糸でセーター編んだらかわいいだろうなぁ。)。まぁホビホレの糸の太さ,ループ加減,色のバランスが良くて…普通以上に好きになったことも大いに関係するのだけど。あの件以来,ブークレー好き度数が急上昇しました。

両手で包み込むとちょとしあわせ。

a0015800_23522834.jpgカップに月が浮かぶ月見酒。
これはカップの底にハートが見える心見茶(ココロミティ)。

多くは語ってくれないあのヒトの本心が見れれば,
安心できるのになーなんてね。
見たいものが映る,魔法の茶海。


[PR]
by fee_garden | 2007-07-30 00:00 | FEENSCHLOß
a0015800_0545947.jpg気が付くと…本箱に3冊目なこのシリーズ。LACEWORK four seasons100に次いで,ぱらぱらと捲ったらお持ち帰りを決めたMINI MOTIF crochet pattern100から,ストラップシューズ。
編んでる間,スズキに『近い近い!!www』と笑われつつ・・・焦点距離50mmくらいで,寄り目になって編み目を数えていた。

この間繋がった「自分のやりたいこと」。
その主軸にある想いの中で,今自分の持っているもので実現可能な作品つくり…第一歩目。そのモチーフが靴なのは全くの偶然。 結果的に小さな一歩目を飾るものとなった偶然をうれしく思う。
幼稚園の頃,紙粘土で大きなオブジェをつくる工作の時間に 妖精の街を作っていた。まぁお粗末なもんだけど^^; 一応おうちと妖精の家族を6人くらいなのかな。(その後,別のお絵描きの時間で大きなオブジェを作り直しさせられ~た。)
あの頃から,作りたいと思い浮かぶものの主軸は何もかわらない。

a0015800_0551373.jpgtea spoonに乗せてみました。



【仕様書】
* size:10mm。
* feenschloß内に入るための通過フラグアイテム。
* price:current price。


[PR]
by fee_garden | 2007-07-29 00:00 | FEENSCHLOß
a0015800_0231385.jpg目論見,当たり。2日なら頑張れる(ぁ
三日坊主にもなれない。まぁ,自虐オチ抜いて…体力の問題なのだけどね(ノ∀`) ペイント頑張ったら,自分に編み物許可を出そう~と思いつつもペイント終わったら片付けで体力終了。 とりあえず,スズキに発注した金具出来上がるの待ちなトコまでできたので肩の荷がおりた^^
 また髪をペンキ塗りたてのとこにくっつけてしまって,擬:関口宏に。手もペンキで斑白。そんなんで はぐを病院に連れて行きました。こりゃーそのうち服につけるなぁってことで,キョウコにいらないエプロンをもらう。
単なるツインテールじゃくっ付いてしまったんで三つ編みに。前髪は斜め分けをでっかいパッチン止めで。鏡に映った自分の姿は

保母さん(・ω・)。

一番下の姪に目撃されると,『うわwww 保母さんみたい~~っ!!』 あー,やっぱりソウナノネ,ソウミエルノネ。そのうち一番上の姪が帰ってきて,タダイマの次が『保母さんっ!!』
こりゃ幻覚じゃなかったのかと。オーバーアクションで大きな栗の木の下で~を歌っておきました。


a0015800_0232834.jpg

猫監督もいっしょに。
長いしっぽで意思表示。道路の方を向いて(私には背を向ける)…余所者から護ってくれている。
この小さなボディガードを踏まないように注意です。
[PR]
by fee_garden | 2007-07-27 00:00 | HANDMADE NOTE
a0015800_0213222.jpgROのギルマスさんにいただいた理解,
Mrs.Mさんから頂いた素敵なメール。
改めて,カタツムリになることの重要性を良く考えてみた。そう考えたら絶対やっておかなきゃなのは…やっぱりペイント作業で。
どの道,金具が揃っても毎日チカラ仕事はできないのだろうから…下準備だけでも整えておこうと。
3日以上になるとダメなるので,
1日目は う~んと頑張って2日目はゆるく。
3~7日目は他のコト。


ハメハメハ大王ですか。


こんなプランで,週に1セットくらいで…できるかな?

[PR]
by fee_garden | 2007-07-26 00:00 | HANDMADE NOTE
a0015800_13102518.jpgすごく早起きするようになった。
PC作業が一番肩へのダメージが大きいようなので,床へ退散。ペイント作業は全く捗っていない。なんだか色塗りってのは気分が乗りだすと「何この楽しさは(・∀・)♬♬」なーんて,すいすいと進むのだが,飽きるとショボン(*+ω+) カタツムリの殻を作るのに一番必要な作業なのになぁ。
気が向かない自分に,自分が困る。

スワッチから最適針が見つかったので編み始めたサマーニット。 旬が近付いてるとは言え,それだけの情熱だけじゃない。他の事を投げ出してまで没頭。こりゃ,限がない。
フリルな編地に変わる私的いちばんのお楽しみは明日にして…手の掛かる場所で〆 やばいです(笑)。
その楽しい明日のために,今頃お掃除。

暑さがやってきたので,近くに王子がいない。
夜になって急に寂しくなった。涙がポロポロする類の寂しさ。小さな頃,夜に母がいなくて寂しくて泣いていた あの感じ。 日頃どんなに王子に寂しさを癒されているかを知った。
[PR]
by fee_garden | 2007-07-25 00:00 | HANDMADE NOTE

白麻。

a0015800_10065.jpg泣きそうになるほど肩こりが酷くて,とうとうお薬に頼る。インドメタシン1.0%配合ゲル~みたいな系統の。トクホンやメントールな液体(ヨコヨコ?)のは肌が負けてしまうので・・・す。
髪を後ろワンテールなのも良くないのかなぁと思い,ツインテールに。最近,前髪をつくったので なんだかなんだか若作り頑張っちゃってるオバサンに見えないか…ドキドキ。ちなみに髪の長さは腰を越えていて,重い・・・けど短くすると寂しい。

通院の時間まで5時間あったので,漬けっぱなしにしておいた6m様のアイロンかけ。今回もオレ哲学トリップ。ちょっとした岐路に立っているらしい。

ここから先に必要な分を切り取っていって,余ったハギレ生地でいろいろなもので使われる予定。どっちがメインなんだか^^; 1mくらい残りそうだから服にと考えていたけど,結構チクチクするから却下。小物用に決定。 そんな役割が決まり布でも不渡り解消連鎖。じゃああっちの白麻は服に使おう(・∀・)♬♬ まるで在庫布とパターンでジグソーバズルしてるかのようだ。

a0015800_101840.jpg蒸気用のお水を計量カップ500ml使い終わる頃に,軽い達成感と共に終了ー。 薄々っていうかね,気がつかないようにしつつも常々思っていたことだけど…どうしても思ってしまったこと。HCで安売りで揃えたようなアイロンセットじゃとうとう許せなくなった。 内田彩仍さんの使ってるアイロンにしてみようかな。あれだけ毎日沢山のアイロンかけをしてる方が出会えたというツールにはそれだけで説得力がある。見た目に雰囲気があるだけでなくドイツ製っていうのも気になったポイント。「あ。」って思うツールの殆どがドイツ製。道具にまで乗移ったような生真面目さが好きです。

・・・ただ,値段を知るのが怖いな^^;
[PR]
by fee_garden | 2007-07-24 00:00 | HANDMADE NOTE
a0015800_8311123.jpg前回のは,かなーり縮んだので6.7.8号でスワッチ編み直し。クロッシェのお洋服って着てみると地味なものが多いのでスワッチの時はかなりドキドキ。
乾いた風合いから,随分昔に54歳の若さで亡くなった母の親友サンが着ていた服を思い出す。
中流階級な感じの生活だったけど,上下のない自然体な女性だった。優しいというより,おもしろい。話が上手で激しくおもしろい。私の中では珍しく,(母のお友達の中では)品があって好きなおばさんだった。遊びに来ると,自室から出て客間に出向いて過ごしていた。初めてTDLに連れて行ってくれたのは,おばさんの娘さん。私が11歳で22歳だった記憶。すごーくおねぇさんに感じたなぁ。
夏になると良く麻のスーツを着ていた。麻は涼しいけど,シワになって欲しくないスーツでシワなるから~と,細いテープヤーンのニットスーツ着ていて。どんくらいするんだろーとコドモゴコロに謎で,聞いてみたら10万。のは。
この風合いは麻特有のもの。
落ち着いたものをつくるつもりはなく,引き算でフラックス色のリネンニット。うーん。

だ・・・大丈夫なはずだ・・・。やっぱりドキドキだ。

努力の源。
[PR]
by fee_garden | 2007-07-21 00:00 | HANDMADE NOTE
a0015800_10103812.jpg明日到着しそうなconoriさんのパターン。久々にパターンを取り寄せた。 足のラインを出すものを着る方ではなく,専らロンスカなんですが どこか分量や長さのバランスが崩れると急に野暮ったくなりそうなのでまずは忠実に。
ワンピ用2.5mの布地の地直し。2.5mのアイロン作業は遠い。急いでる時に地道ですぐに終わらない・丁寧にやらないといけない地直しやカット,刺繍に追われた時があって眠くて眠くて泣きそうになりながら徹夜していたことがあった。そういう時に「生きてる!」って感じるヒトもいるのだろうけど,元々のんびーりを3割増ししたようなペースの自分には苦痛だった。うーん,イチロー選手と同じ日に生まれたのに私はアスリートにはなれないねぇ。

自分にとって,身の丈に合った生活とは何か。
環境や経験から変わるものだから日常をおくりつつ,ほぼ毎日テーマのように考えている。
欲や憧れからなかなか見えてこないものだ。
自分の性格を踏まえて,表面的なコトを見て憧れて「こなせないことを羨まない」ように確認しつつ過ごす。
上下左右にアイロンを動かしながら,これも二の腕の引き締めの一貫だと思えば頑張れる…などと様々なことを思い巡らせつつ地直ししていた。


お出掛け。
[PR]
by fee_garden | 2007-07-20 00:00 | HANDMADE NOTE
a0015800_9133351.jpgカセ糸巻き直し,やすりかけ,ファンヒーター収納,小さな家具移動付属(大掃除ならぬ)中掃除,地直し。歯医者の予約と,美容室へキャンペーンの問い合わせ。
昨日とはうって変わっての「整」っぽいもの。
創作皆無な一日だった。

カセくり作業。
ミエコはカセくり機玉巻機でやっていたカセ糸の巻き取り。父方の祖母は手だけでやっていた。 市販の毛糸玉と同じように内側から糸を引き出せてコロコロ転がらず,袋に入れておけるから糸も汚れない巻き取り方。 私は休日のカセくり(スズ)機にお手伝いしてもらって糸の交通整備してもらっていたのだけど。今回は絡みそうもないフラットな糸1本取りなので自分で。祖母がやっていたやり方を思い出しながら巻く(前のはちと失敗)。
椰子の実のようなものできあがり。

道具がなかったらないで,なんとかなるものですね。確かに補助機使うのは早くていいのだけど,買えない人は知恵でフォロー(ノ∀`) …たかだか3k円なのだが。3kあったら3k分の糸が欲しいという優先順位はオタク故ですか。
[PR]
by fee_garden | 2007-07-19 00:00 | HANDMADE NOTE