fe*

猫 ズ と テ ヅ ク リ セ イ カ ツ 。
by fee_garden
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

a0015800_16543036.jpgブログがこんなに普及する前に,楽天で2年くらいかな…サブスペース的にやっていた時があるのだけど。そこで交流させてもらってたコに木やグリーンが好きなのが共通だったこともあって,ワイヤーのお礼としていただいた白樺ベビー。枯れる前に種を沢山落とし,小さな芽が育ってきた…というお話だったと思う。
大中小と計3ポット。残ったのは大きかった1ポット。
木肌が白くなるまでに8年くらい必要。そのうちの半分が過ぎて,随分と木らしくなってきた。まぁ,ベビーな時から立派に白樺の葉っぱだったのがかわいかったな^^ 白樺は環境の変化に弱いって聞いたことがあるので根が張りきる前に,このコも大きな鉢に植え替えておかなければ。
(去年のガーデニングショウで枯れてしまった大きな白樺の木を見掛けた…。)
赤ちゃん苗だったのが,新居のシンボルツリーにできたら素敵だなぁ。きっと次の生活の中で慣れる時が来て,ココでの想いを…モッコウバラやこの白樺や王子をぼんやり眺めたり見た時に,一番望んでいた大切なことを思い出せると思うから。

木の若葉は毎年,私を励ましてくれる。
[PR]
by fee_garden | 2007-03-26 00:00 | GARDENING
a0015800_1652437.jpg2006年末に16℃くらいになった日に,休眠期に入ったバラの植え替えをしました。
その時にすごい賭けというかお願いをしたのだった。誰かに言ったらするすると抜けてしまうような気がして言えなかったお願い事。
ここの庭でお花作業撤退の最終的な理由になったモッコウバラ。相変わらず…花は見れずじまい。掘り起こすことのできる場所が限られていたので根が数本40cm程度しか残せなかった。つるが3mくらい伸びていたので,果たしてこの根でこのツルに行き渡らせるほどの水分を吸い込めるのだろうか?な大手術。このままずっと父に剪定され続けていつまでも花を咲かせられず生きて「抜くからな」と脅され続けてたり,いつか本当に抜かれてしまうことを考えると…今の休眠期にかけるしかないなと思って。ゴメンネ,頑張ろうね!と移植したのだった。
今度は母に洗濯の邪魔だと有り得ないくらい短く剪定されてしまい。もう私にはこのモッコウバラを育てることは許されないのですか?と空に問うた2月のある日。こんな短くて何の印も見えないどこから葉を見せてくれるのだろう?と心配していた日々。

今日,芽を見せてくれた。

今度の移植には負担にならないように,大きな大きな鉢を買ってその中で育てよう。もう,絶対,私だけのモッコウバラだ。
[PR]
by fee_garden | 2007-03-25 00:00 | GARDENING
a0015800_20402069.jpgちょいと着てみたら気になるギャザーの場所と,ボタンホールの手まつりしてると もちろん後の方が上達してくるわけで…その差が気になったので,お直しちう。 このブラウスのパターンは本からのものだけど,大体シルエットの仕組みがわかってきたので今度は自作パターンで作りたい次第。

…と,区切りのつくトコまで仕上げさせてねとアイロンかけしていたら。とうとう待ちきれなくなった王子がこの通り^^;; まぁるい背中いっぱいで反抗している。その猫背と呼ばれるシルエットに和んでしまった。

ハイハイ,わかりましたよ(笑)。
その前に記念撮影(パシャリ ←早くあげなさい。

[PR]
by fee_garden | 2007-03-20 00:00 | CAT NOTE
a0015800_0234228.jpg私の視界に必ず王子がいる。
もしかしたら,王子の監督対象は私なのかもっ。

普段だったら上手に流せるんだろうことも,ストレスが重なりビーカーが満水状態。こんなことだとほんの小さなことでも一気に沸点にのぼる。
これはアレルギー症状と言っていいかもしれないな。もう,耐性がありませーん(´ー`;)この妙な疲労感は,心内抗生物質使い果たしたシルシなのだろう,


花や動物や糸や布,毒のない素直な人達に触れてココロの平穏を取り戻す。



a0015800_024314.jpg

a: お花と王子。笑顔が素敵です。
b: ここんとこ,目を奪われ続けているお花…ちゅか,多肉さんの部類かな。こんな風にお花が咲くこと知らなかったからびっくり。そして大好きポイントアップヽ(*´▽`)ノ 楚々さにときめいてしまう。こゆお花を見ると,Mrs.Mさんを思い出す。元気でいらっさるかな。 でも何かを綴ろうとすると,言葉が消えてしまう。そのうち言葉の氾濫がやってくるだろう時まで待っててほしいと…花を見つめ時が止まってる間,祈るような気持ちで想う。
c: 幾重にも重なるぷっちり葉っぱ。小さな小さなベビーがたくさん^^ Mさんにもこの空気感をお裾分けできるようにたくさん増えてくれますように。
[PR]
by fee_garden | 2007-03-17 00:00 | GARDENING
a0015800_259258.jpg鮮明には紹介できませぬが,お友達が結婚することになり注文を受けたバードケージタイプのリングピロー。2年くらい前になるのかなぁ…?「結婚式の時は,フェに作ってもらいたいな~。」って言ってくれていた。(その頃までお店やってればいいけど( ̄~ ̄)ゞ)…な~んてあの時コッソリ思ってたのだけど(ぁ ,スケジュールを整えてこうして現実になった。
気がついた時には,お店ではウェディングアイテムのオーダーメイドが殆どに。ウェディングに良く使われるような素材に拘らずに,自分の好きな素材で提案させて頂いています。
 彼女とは実際に会ったことがあるので着てた洋服や雰囲気から好きそうなイメージがすぐに浮かんできて,“いつか作りたいものリスト”からのピンクッションと,自宅用バードケージのパーツの組み合わせ。

あのコもきっと好き。

と,真っ直ぐな気持ちでつくったのでした^^

[PR]
by fee_garden | 2007-03-13 00:00 | FEENSCHLOß
a0015800_1731110.jpgサイズ違い・花片数違いをいくつも作り…これだというバランスを見つける。型紙つくって,ちょきちょきちょきちょき。初め浮かんだものは切って作るものでなく,原毛から成形していくもの。それだと御予算から数倍のブツに^^;
・・・ということは毎度のこと。
元々造り込むタチなのでピンと浮かんだものを好きに形作っていくと,とんでもない時間数に。だから実際お客様にお送りするものは,正直,私の中では廉価版だったりする。そのことでちょっとなんか疑問が過ぎって,去年「????」になってたのも思い出した。
でも廉価版だからって気持ちは抜かない。パンチャー探せばどうにかなれど,型紙がオリジナルってことが拘り。チョキチョキするだけの仕事も,小さいパーツなので角を出さないように気をつけて,根気が必要な作業だったりするのでした。


今度は“ホントはこうしたいな”のモヤモヤを抱える自分のために,原案Verを作ります^^

[PR]
by fee_garden | 2007-03-05 00:00 | HANDMADE NOTE