fe*

猫 ズ と テ ヅ ク リ セ イ カ ツ 。
by fee_garden
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:FEENSCHLOß( 68 )

a0015800_4561858.jpg幼稚園生の頃から憧れた白いモヘアの三角ショール。天女の羽衣をつけて空をふわふわと飛んでいる夢を見てから羽衣(ぇ… が本当に欲しくてしょうがなかった。雲で作ったらきっと飛べるに違いない,あの消えそうな雲辺りを細い糸にして編むと羽衣ができるのだろうか?って本気に考えてたな…。非現実的なのか現実的なのかわからんコドモだ。 そんな思い出と憧れを詰め込んだ名前。
途中,糸が違う…と2回変え,編地の雰囲気が違う…と編み針号数を変え。コレだ!!と思うスワッチができるまでが時間かかってねぇ~。ココロの中にあるイメージを現実に運んでくるのはなかなか思い通りにはいかなくて。もっと素材を知らないとーと,勉強不足を味わう。
実用性は多少という,ほぼ雰囲気発生物。 私の中の「羽衣」のイメージ,完成しました^^

a0015800_4563657.jpg
a: あまり見えないけど,スワロのクリアを選んだ。甘い雰囲気を硬質な光でキリリと。動くたびにスワロが光って,お花の雫のように見える。王子の頭に乗せていたのは,この紐。b: 襟元には控えめなフリル。c: 裾は大きなフリル。大きく波打ってて中央のとこはラッフルっぽい。このフリルが気に入って,このデザインを選んだのでした。編んでる時も楽しかった^^
[PR]
by fee_garden | 2006-09-09 00:00 | FEENSCHLOß
a0015800_14294368.jpgバッグを編んで 微妙~~に余ったLINNETさんの中細リネン糸。細糸がまだ発売されないので,縒りをほどいた3本の細糸を繋ぎ合わせて小さなバッグを編む。

縒られた糸をほどくこと。
織られた布を裂き布にすること。
新しい布でパッチワークすること。

なんだかちょっと申し訳ないような・・・複雑な想いになる。

足りるかどうか終始ドキドキしながら編んでいたけど,驚くほどぴったりと編みあがる。
お友達にお願いして送ってもらった木の実を添えて,イメージ通りの木の実バッグになりました。

[PR]
by fee_garden | 2005-10-09 00:00 | FEENSCHLOß
a0015800_10315973.jpg初夏の頃に作ったもの。
お友達から頂いたビーズシャンデリアのキット。黒のトップと銅古美のピンでシックなもの…だったのだけど、私のお部屋仕様にしました。
トップは黒から白に塗り替えて。
9ピンTピンはシルバーに。
9ピンはかなりの数が必要で買うと結構大変なお値段になったので^^ゞ、アーティスティックワイヤーで1つずつ曲げ曲げ~っと。次の日は指が痛くて何もテヅクリできなかった(笑)。←一度にやり過ぎ。
Aurore Boreale加工のビーズがいろんな色に変化して楽しいです^^
 ビーズのランプシェードを作るべく、ちょっとずつ集めてるビーズ。スタート地点まであともう一息。ポイントカラーを何色にするかが悩みドコロ。
こんな調子で集めてるものがやたらとあって。波止場の女のように何処其処へ行ったら1つずつ~なんて集めてるものだからなかなか揃わない。一点集中で買ったら早いのにねー。←他人事かよ。
大人買いじゃなく、集めてる時が楽しいかも。 終わってしまうのが寂しくて…ね。
[PR]
by fee_garden | 2005-09-17 00:00 | FEENSCHLOß
a0015800_14104073.jpgお仕事の隙間に、自分のためのテヅクリを。一日の中でできることはほんの僅か。ちょっとずつを積み上げて大型台風が来た夜に出来上がりました。
欲しいけど買えない(8万円もするぞな。)アイアンベビーベッドのチビコピーです(笑)。沢山の無駄をくっつけて遊んで。 妖精のbabyなんてどんな感じなんだろ?とか空想も。
そいたらね、闇の中から確かなものを見つけたよ。経験してわかった大切なこと。
お仕事が終わったら、ちゃんと身の振りを考えるつもり。


ダウナーな8月。
[PR]
by fee_garden | 2005-09-02 00:00 | FEENSCHLOß
a0015800_21355780.jpgC&Sさんから届いてすぐに作ったくらいなので随分前のもの。・・・ガーデニングショウのために縫ったんだと思います。
単なる台形に切ってゴムを通した~なタイプなのだけど、裏地を分離させるんでなくWガーゼタイプに綿レースと一体化(わかるかなぁ?)させて作りました。見えない所で工夫するのが好き。ふふふ。
裏スカートが捲くりあがることもなく(笑)、ガーゼなので夏でも快適。 かわいい綿レースを見掛けるとついつい作ってしまうので、似た様なのばっかり^^; 今回はマキシ丈にして姫チックにしてみましたとさ。 これをまとってテヅクリ時間するのが妙にシアワセで、今日も一日、テヅクリ頑張るぞー!な時に選んでしまうやる気の出るお洋服。

水面下に沈んでる間( ̄∀ ̄; に作ってたものをそろそろファイルにしようと写真撮影してたら、カミュが寄ってきて・・・ドテッと倒れこんできた。
『ボキも入れるにゃ。』
と強制参加。写真撮ってるといつも画面内にやってくるカミュ。
どこか触れ合っていたいらしい右後ろ足がかわいくって、いつも笑いながらの撮影。ブレ写真の多いこと~( ̄▽ ̄)ゞ
[PR]
by fee_garden | 2005-08-02 00:00 | FEENSCHLOß
a0015800_12322016.jpgイメージしてるものが形になるまではかなり試行錯誤が必要で。あーでもない、こーでもないと形を変え素材を変え、小さく作った作品にならないままのものがわらわらと。
小瓶にそのコ達を入れてみただけの、未完成な完成の作品。

ガラスと 使いかけのレース糸と 細い細いモヘアと クロムなかぎ針と…

それをまとめる、光。


[PR]
by fee_garden | 2005-07-29 00:00 | FEENSCHLOß
a0015800_0344212.jpg毎度リアルタイムなお話ではないのだけど( ̄∀ ̄ヾ RARI YOSHIOさんの本やEXHIBITIONにて、ガラスの器を糸でカバーを作られているのがかわいくて真似して作っています。
ガラスベース単体だと微妙だな…なものでも、カバーした時点で妙にかわいい形になったりと、楽しい発見。何でも包み込んでしまいたくなる気持ち、わかってしまったかも(笑)。リネン等で試験管のホルダーを作るの流行ってたけど…あの時は特に食指も動かずで。 それが「糸」という素材になった途端に魅力的に変わる。 私は布のヒトではなく、糸のヒトなんだなぁと思う。クモの巣のような細い細い糸を見るほどに嬉しくなってしまうのだ。

a0015800_0373490.jpg大切な大切なガラスのフック部分を折ってしまって(涙)使えなくなってしまったガラスベース。何かに使えないかな~と思っても底が丸いので立ちもしないし(T_T)
RARIさんのアイディアを見た途端に、壊れたこのコを思い出したのだ。2年という保存期間を経て~の復活!使えなくても捨てられないくらい(笑)お気に入りだったから本当に嬉しいです。

[PR]
by fee_garden | 2005-07-21 00:00 | FEENSCHLOß
a0015800_0481020.jpg大変お久しぶりでございます。花粉症~とか言ってたはずが、今は梅雨の真っ只中。
色々な出来事がありました。
PCが壊れてしまって、総取替え!!なんてことも。(私のPCは自作PCなので)。ONLINEに上がってこない間に“自分にとってのシアワセ”というものも随分と明確になったりして… 本当にいろんなことを振り返り考える時間となりました^^
ま、fe*をお休みしてる間の時間モヨウはメインサイトのblogに書いてあります。いや、あちらも過去ログの途中なんだけど( ̄∀ ̄ヾ 日常の中で綴りたいトピックはあれど、性質的に毎日ってのが無理。情けない。

いつだか、ジュート紐で作ったバッグ。 部屋中を灯油っぽいにほひに巻かれ~、紐のケバケバに鼻を刺激され鼻炎の症状が止まらなくてマスクしながらの作業で~、親指にはバンドエイドを2枚重ねで巻いて指を守ったりと(終いには、グーで掴んで編んでたよ。)一体私は何を作ってるんだ?!という、疑問符まで浮かぶような作業でしたゎ。まるで木彫りの女職人。
 グリーンのコサージュは、5月にあった青柳さんの布花レッスンの時に作ったもの。自分の胸元にコサージュをつけるのが、まだちょっと照れくさいのでバッグにつけました。


a0015800_0511681.jpg


a: かなり かっぱり と開いてしまうので盗難防止に内袋を作るコトに。どうしてもこの生地じゃないと!と、このバッグのために取り寄せた布。
b: 「おかんのつぶやき」おかんさんのお店がOPENしての祝1ヶ月記念プレゼントに応募して、見事当選(≧▽≦)/ その携帯プチバッグです・゚・* おかんさん、このバッグに合わせたくて下心見え見え応募(笑)したのですよー^^めさめさかわいい。バッグの中で迷子にならないお利巧さん。ありがとー!おかんさん・゚・* ららら。
c: 作ってみて予想外だったのが大きさと形でした。表紙の写真を見て、楕円形だと思ったんです。実はとってもまん丸で大きい。「そう撮ったか…。」と。
下のは300mm竹定規。
両サイドを内側に折り込んで、ぽってり下膨れ型( ̄m ̄*)にしましたとさ。
[PR]
by fee_garden | 2005-07-07 00:00 | FEENSCHLOß
a0015800_1850019.jpgオーダーを受けていたウェディングアイテムです。うちのSHOPのfee birdcageというケージ部分が3cmくらいのバードケージがあるのですが(全長は10cm程度)、それを約3倍の大きさにしたもの。
お客様はこの中にリングピローをセットして使ってくれるそうです^^ なので開閉ができるようにするために試行錯誤の日々でした。←夢の中でまで開閉の方法を考えてたぞな(笑)。お客様はとってもシンプルなものをご希望で…なのだけど、私は放っておくとゴテゴテといろんな装飾ブツをつけたがる習性があるので我慢我慢( ̄m ̄*)
 出来上がりの記念撮影に白いスプレーバラを買ってきて、お飾りしてみた。
…ちとバラが大きい(笑)。イメージしてたのはもっともっと小さな小指の先くらいの蕾なバラだったのだけど(赤はあった。)白の世界ではないのかな。
ま。「咲いてまーす!」だったり、「これからでーす!」だったりするのは自家用のご愛嬌ってことで(笑)。 暖か味のあるアンティークホワイトとグリーンの組み合わせが大好きです。

どうか…どうか、当日、無事に役を果たしてくれますように。
[PR]
by fee_garden | 2005-03-03 00:00 | FEENSCHLOß
a0015800_1322076.jpg以前編んだポットマットは白糸も灰糸どちらも余り糸で作っていたのですが、その元々の本命の作品の方…を今になって、です( ̄▽ ̄)ゞ←順番間違い過ぎ。
千趣会で「ポットセーター」というのがあって、それはポットとカップのセットまで揃えて¥4500…とかいう商品だったのです。ポットの形が気に入れば買おうと思えたんだけど、そうではなく…。
なので、自分の手持ちのポットに合わせて作ってしまいました。
ココの後ろの方にある白いブツは試作を重ねていた頃のもの。コッチは全体が見えますね。合太程度のモヘアで試作してたのですが、ぽわぽわとした雰囲気が好みながらも肝心の保温力がイマイチ。
どうしようかと思った時に、ぽわぽわ感も太さもあるアルパカの毛糸が目に飛び込んできて嬉しくなった。まさか部屋で出会うなんてね(笑)。
綿を抱え込んだような素材で、極太くらいのヤーンを鉤針編み…という厚手の編地なので保温力も大したもの。これでめでたく理想通りになりましたv

a0015800_13221956.jpg着脱?は楽ちんにできるようホールを心もち大きめに作った。引っ掛かれば良いのだから。 このボタンは、うちの母がつけていたエプロンのもの(笑)。ちとキズがついたりしてるのが、イイ! と全て戴いた。ひひひ。 後ろを向いてくれなきゃ気付かないんだけどね。バッグの裏地が凝ってるとか、隠れた場所がポイント…って好きだったりします。
そしてひとりニヤリとするのであった。

[PR]
by fee_garden | 2005-02-17 00:00 | FEENSCHLOß