fe*

猫 ズ と テ ヅ ク リ セ イ カ ツ 。
by fee_garden
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:FOOD( 20 )

a0015800_1930698.jpg先日寄ったパン屋さんでバタールも買った。(リーンなものだったりと,いわゆる食事パンが好きなのだ。)
冷蔵庫にプチトマが4粒。 バジルは冬の温室栽培?用に種まいたのが無事に育ってて間引きがてら,ちょうど良さそうなのがあるし~と。おうちにあったものでワンプレートブランチ~。
カリカリに焼いて香ばしいバタールに,マリネ液がしみ込んだりトマトがジューシーなのが美味しいんだ。
 バタールは初めて買ったけど,耳?皮?が美味しくってポイント大。自分ちで焼くパンも焼き過ぎくらいにするくらいなので。寄ったらまた買おうっと。
ヨーグルチに添えたジャムはねぇ~,お気に入りの林檎ジャム。これのレポートは後日。

[PR]
by fee_garden | 2006-11-15 00:00 | FOOD
a0015800_20515393.jpg最近のお飲み物は,お抹茶を丁寧に練って牛乳で濃い目に溶いたノンシュガーな抹茶ミルク。
牛乳の泡をスプーンですくって雲にする。
これが似合う季節はほんの一瞬。

そして,ココアに移り変わる。


a0015800_20522116.jpg新しい蓋つきマグに出会った。
お仕事柄,蓋つきが必要になって探してからというもの市販のでここまで気に入ったのはなかったよ~。ベレーという名のシリーズだったかな。一目惚れで手に取っていたさ…。
丸いフォルム,白,蓋のかわいさ,容量。良好。
贅沢を言えば,ミルク色だったらパーフェクト。でも真っ白なだけで充分(+・`ω・)b゜+.゜

[PR]
by fee_garden | 2006-10-23 00:00 | FOOD
a0015800_7233641.jpg定番になったシナモンロール。
初めは12cmくらいの大きなものだったのだけど,スズキがいっきに食べ過ぎるので小さめに焼くように調整。それと,ザラメの量を減らしたり。シナモンの量も好きな具合を探したり。アイシングを沢山かけても大丈夫なくらいの濃度見つけたり(←薄めをたっぷり)。
…という感じの,トッピングは,もはやグラムなんてない目分量。

スズキに焼きたてな形の良いの渡しちゃって(見栄っ張りです,えぇ。),残ったのはみすぼらしい端っこズでしたとさ(笑)。

[PR]
by fee_garden | 2006-09-02 00:00 | FOOD
a0015800_7194580.jpg季節の変わり目になると特に調子が悪くなったりするもので、新陳代謝の低下に悩んだりする。腸も肌もキレイになるヘルシーな一品をご紹介~。
私は便秘になりやすいので定期的に食べるのですが^^ヾ
用意するもの、「プレーンヨーグルト」と「ドライプルーン」。以上。
便秘のためにはどちらも良く挙がる素材。それを合わせていただくのであります。
ヨーグルトの中にプルーンを埋めて…1日ほど冷蔵庫で寝かせるのですが、ヨーグルトの栄養の要である乳精(あの水分。)をプルーンが吸い・゚・* ドライプルーンがぷくぷくの状態に戻るのだ。
そして吸われたヨーグルトは~
クリームチーズのようになって、トロリ。どちらも素敵に変身を遂げるのであった。
肌に良い栄養素をいっぱい含んでぷくぷくになったプルーンを是非味わってみて下さい。しわしわのドライプルーンだったとは思えない感じに変わるのでした(≧m≦)

作り方。⇒
[PR]
by fee_garden | 2005-02-23 00:00 | FOOD
a0015800_1201852.jpgタンシチューがメインディッシュなクリスマスは今年で3回目。去年やってしまったような間違いは、繰り返さずにちゃんと赤ワインたっぷりのシチューができました^^
彼は一年に一度しか食べられないシチューだから毎年同じでもいいよっ!と言ってくれたものの、作ってる本人が一番マンネリを感じてつまらん~という現象に( ̄▽ ̄)ゞ ←慣れると飽きる。来年はどうにかしたい感じ。
殆ど放っておく料理なもんでクラフトの合間にちょいちょいと手を付ける感じに進んでゆく。天然酵母なパンは作ってることさえも忘れてしまいそうになるくらいの放置時間(笑)。

そんなこんなで、急いでる私とは対照的に料理はゆっくり仕上がっていった。

パンとか・・・
[PR]
by fee_garden | 2004-12-24 00:00 | FOOD
a0015800_685457.jpgBAGEL&BAGELの本(AmazonにLINK)のプレーンベーグル生地を参考に、美味しいベーグルが作れるようになりたい!!と、真剣に作り続けて…う~んと、半年くらいか。250gの小麦粉分で2週に1度程度の頻度なのだけど^^;
CUOCAさんで買い物する時に、ちょっと評判の良い強力粉を使ってみようかなと思い立って第3か第4人気くらいのスーパーキングから挑戦してみたのだ。
美味しいな~って思ったものの、その日の捏ね方が良かったのか?手際が良かったの?発酵が成功したの?なんていろんな要素があり過ぎて、美味しくっても理由の確定ができなかった。

ある日粉がなくなる。
成城石井まで行くのも面倒だったので(後で売ってるの気付いてびっくりだ。)、普通に近所のスーパーで売ってるカメリアに戻ったら~~~!!ギョッとするほど味が違うではナイデスカ。こんなにも違うものかと。(心なしか生地の水分が多く仕上がった気がする。)
そりゃそうだよね、お菓子と違って殆ど粉を食べてるものなのだから。

今度は評判の良いゴールデンヨットで挑戦してみようかと思って購入。全粒強力粉も。クリスマス準備なCUOCAでのお買い物でタイミング良くあったら「はるゆたか」でも作ってみたい!
ベーグルだけじゃなく、天然酵母を使った素朴パンも作りたい。まずは小麦粉研究中です^^

パン作りの中で一番好きなのは、捏ねてる時間。べとべと纏わりついたものがくるんと収まって、十代のギャルの内腿のよーな肌触り(←耳たぶって言えよ。)になるのが快感なのでありました( ̄+ー ̄)
[PR]
by fee_garden | 2004-10-20 00:00 | FOOD
a0015800_2171796.jpg「生クリーム買ったから明日はカルボナーラ。」って言うと、彼にヤキモチを焼かれるようになってしまったカルボナーラ。
ごはんにヤキモチ……ぷ。
何処でも食べれるから~と今まで作ってあげなかったのだけど(あまり定番は作らない傾向にあり。)、早く食べさせてあげれば良かったかな・・と思うくらい。
パンチェッタで作るのが本当のレシピ。ブロックで1000円するものを単なる私如きのブランチで使えん!!ということで極一般的なスライスベーコンで作った……ら。
あまりにも風味が違くって笑ってしまった。良くあるタイプのカルボナーラになった

ちゃんと計算すればね、小分けして冷凍しとけば1年持つので普通のベーコンと変わらないお値段模様。まもちゃんこと片岡護さんの指南に従って、パルジャミーノ・レッジャーノチーズも常温保存できないタイプのが鉄則になってるのですが^^ これからは「えいっ!」とパンチェッタも常備しておこうと決心する結果となりました。

このお皿。ミスドでポイントプレゼントされていた「小猫の昼カフェ」のオーバルボウル。オーバルなだけでちと美味しそうに感じる。ポイントのイラストは個人的に大好きだけど♪シンプルな感じが使いやすくてお気に入り。あの時期は毎日に等しくマフィンがあってしあわせだったな(笑)。←ミスドのマフィンファン。
100円SHOPでも、変に模様をつけない方がよっぽど売れると思うんだけどなあ( ̄∀ ̄;
[PR]
by fee_garden | 2004-10-19 00:00 | FOOD
a0015800_15344718.jpg6年くらい前にお店で食べて、おうちで作れないものかと挑戦したもの。お店のはデミグラを使ったビーフソースだったけど、茄子だったらトマト系のミートソースの方が美味しいんじゃないかと(家庭で作りやすいし。)。
レシピが固定したのは割と最近のこと。ショートパスタの種類、茄子を炒めた方がいいのかそうでないのか。ミートソースの多さとか、ベシャメルソースの濃度と塩分。その辺のバランスを掴むのに課題を重ねて。
一番大切なのはベシャメルソースの塩分なのでした。
牛乳1リットル分を作って8皿くらいまとめて作ります。彼のために作って自分ちと叔母の家にお裾分け。


reading continue...
[PR]
by fee_garden | 2004-08-17 00:00 | FOOD

豆乳。

a0015800_1132740.jpgおはよう!すると飲むもの。豆乳。
調整牛乳だけど、美味しいのを発見。
SOYAFARMの「さらさらスッキリ調整豆乳」というもの。今まで飲んでいた紀文の黄緑パックの調整豆乳と比較すると粉っぽくないていうのかな。
すんごくミルキーなのだ。
これなら好きで飲んじゃうよ。
いや「飲みたくなっちゃう」。

1リットルパック希望。
って、コレも美肌作り系食べ物?
[PR]
by fee_garden | 2004-08-10 00:00 | FOOD
a0015800_2203559.jpg夏になり庭のプチトマトとバジルの収穫を迎えると作る夏パスタ。フルーツトマトで作るのが一番美味しいけど、平日の自分だけなランチでそんな贅沢なことはできない~。
そこでプチトマト。普通のトマトよりも甘みや味がぎゅっとしてるから。
摘んできたバジルが香る中、ひとつひとつ湯むきをする時間がとっても好き。天気が良過ぎても日の差すお台所でこのプチトマのソースを作っていく時間だけは機嫌良く…「夏」が気持ちいい。

たっぷりめのオリーブオイルと、お好みな量のガーリックペースト。手で千切ったフレッシュバジル。黒胡椒とミネラルの入った(岩)塩でしっかり整えたソースでマリネしてる間に、さっきプチトマの湯むきに使ったお湯に海水程度の塩分濃度(丁度良いより一段辛い感じ?)を目安に塩を入れて再沸騰。カッペリーニを茹でよう。氷水に潜らせてるうちに塩味がボケちゃうからね。
その間に殆ど氷な氷水をステンレスのボウルに用意して。0.9mmだから2分ほどであっという間に茹で上がるけど、アルデンテからちょっと待って0.9mmは約20秒多くを目安。茹であがりチェックは一旦氷水に泳がせてから。
冬みたいに指先を痛くしながら手早くパスタを締めて、パスタの弾力を感じながらぎゅっと両手でボールを包むように水をしっかり切ることもお忘れなく。(ちょっと握って切れるくらいなら茹で直した方がいい…。茹で過ぎパスタはサラスパにでもしちゃおうね。)
プチトマトのジュレが溶け出したソースと和えてできあがりー。

ポイントは、ソースに加えるバルサミコ酢とほんの気持ちのお砂糖。
こんな暑いのに頑張ってるビオラと一緒のテーブルならもっと美味しい。
又は、カッペリーニを少しにしてサラダとか…ガーリックトーストにソースを乗せたらブルスケッタになっちゃう。いろいろ楽し。
このパスタがあるから、プチトマとバジルを育てるのやめられないのです~。
[PR]
by fee_garden | 2004-08-06 00:00 | FOOD