fe*

猫 ズ と テ ヅ ク リ セ イ カ ツ 。
by fee_garden
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:COCOLO( 80 )




昨日の環境改革からのバランス微調整。
mさんからモッコウバラ咲きましたの花便り・・・こちらもとても清清しい天気。
でも,夜には雨になる~な予報があった気がするけど,気の向くままにお洗濯特別ver.。
部屋の中の布モノを全部。
カーテンがなくなって奥行きが増した感じが気持ち良く,それに感化されて
アトリエの表層にあるものをまた少なくする。
机の上にマグやカフェオレボウルが無造作にあっても うるさくないくらいに・・・とか。
ドアを開け放って,ドア枠でアトリエを切り抜いた時に この辺にフルーツカゴがあったらいいから
ここを置き場所にしよう~みたいな,空間でバランスを取る調整。

まぁ素材を減らすことがいちばんの近道だ^^; 何度整理してもそれに行き着く。
好みが定着してくる前の,あっちこっちへ飛んでいた「系統違い素材」が
自分の生活の中で傍に置いておきたいような使い道も思いつかず・・・でも捨てられない状態。
自分の好きなものを表現するだけでも時間的にタイトなんだけどな。
まるで冷蔵庫。

・・・・・あ。
素材だけじゃなく,自分のココロの中もずっとそんな感じだ。
まぁ,ココロのモノサシで取捨選択してるわけだから至極当然。
目に見える,今の自分への課題。

::1 硬い透明,やわらかな透明。輝くツブツブ
[PR]
by fee_garden | 2009-04-14 00:00 | COCOLO

彩度。

建物に囲まれたグレーグラデーションの景色の中から見上げた,空。

いつも失っていたもの・・・が今年は自分の中にある。
見上げた空の青さと同じくらいのココロの彩度。

目覚ましより先に鼻づまりで目覚めたり,くしゃみ7連発とかするわけだけど,
副作用のない春がこんなにやさしいものと 私は初めて知った。
[PR]
by fee_garden | 2009-03-10 00:00 | COCOLO
飲むプチフール。一般的な生活サイクルの始まりに目覚めた。

ホワイトノイズは視界を密封するような心地。
それに救われていた1週間は終わった。
奥行きのある,季節や時間や風のノイズを感じて深呼吸。
好きな服を着て,キャンドルを灯して
ゆるい生クリームを落としたチョコのプチフールみたいな濃いココアを飲む。

まぶたに映る炎。
ココアの味を想うだけの時間。
自分の中へ入る儀式。


目を覚ませ。

::2 部屋の中でも芽吹き。

[PR]
by fee_garden | 2009-03-01 00:00 | COCOLO
大きなお部屋だね,王子。

ずるずるな1週間。
それまでの不思議な生活サイクル。
28日になって,急転。
7時間くらいしか起きてないのにすごく眠くて。

きっとこれも「あの風」だと確信した。最近は自覚できる。

目覚まし時計もかけずに寝る。


[PR]
by fee_garden | 2009-02-28 00:00 | COCOLO
席,あっためといてるみ。

目を閉じる。
朝が来る音を聴きながら,想いを整理整頓。

朝がきた。
透明な光を媒介に,ココロにまじないをかける。


[PR]
by fee_garden | 2009-02-23 00:00 | COCOLO
つきのとおりみち。

2009年初めての満月。 とてもとても光が強く印象的。
眩しいくらい明るいのに,不思議と間接照明のように安心感のある…よい距離の明るさ。

月の通り道な南西の窓。
月の光を浴びながら寝ることにした。
[PR]
by fee_garden | 2009-01-12 00:00 | COCOLO

静。

猫がいると,部屋がまろやかになる。

加湿器と猫。空気,まろやか。

残ったのは,日々ver.なお掃除をする気力。
いつもの腑抜けがきたなぁと…そのくらいに思ってたのだけども~
いつまでたっても抜けられそうな気配なく過ぎた3日目。
オカシイナと思ったら, 単なる風邪だった。げふ。
お熱の症状まで“腑抜けの仕業”だと思ってたことに自分でびっくり。 何年人間やってるんだ,自分w


[PR]
by fee_garden | 2008-12-25 00:00 | COCOLO


11月でも12月でもない月を過ごして,今日は111を見た後に,222を見た。
お祝いができるまで,スズキは39のまま。


[PR]
by fee_garden | 2008-12-24 00:00 | COCOLO
緑だった葉は,黄色に。
その思いには名前がなかったけど
そこに,ちゃんとあった。


ぽとん,と入り込んだ。

猫を撮っていたところから始まり,初めて近所のコ達と遊ぶようになった頃まで遡った。今の今まで総じてカテゴリがない。名のないものばかり。
名をつけたところで誰かに伝わりやすくなるくらいなのだけど・・・。そこに所属することでの安心も得るのだろうか。
んん,でもそんなのがなくても
想いはそこにあるのだ。

カタチつくれないことで出来上がる秘密。
罫線のない白いルースリーフ。
異性の親友。
適当というさじ加減。

おそらく,そういうもの。

::1 神様の前髪。

[PR]
by fee_garden | 2008-12-07 00:00 | COCOLO

ELIXIR。

主役の影。原石の磨き方を観る。

永遠に研究をしたいがために
永遠の命を得るための不老不死の研究にのめりこんでゆく錬金術師の気持ちがわかるような気がする。

つくりたいもの
身に付けたい知識がいっぱいで
眩暈がする。



[PR]
by fee_garden | 2008-11-24 00:00 | COCOLO