fe*

猫 ズ と テ ヅ ク リ セ イ カ ツ 。
by fee_garden
プロフィールを見る
画像一覧

聴きたくて聴く音。

a0015800_11432686.jpg日に日に,「雑」としたものがあるとシコリになる。
部屋がきちんとしてるわけではないけど 「置き場所がない」ことが落ち着かない。
出すのがいちいち億劫になるとか。
不整理なものが苦手なのだ。
潔癖症とも違うのだけど・・・・ うーん。
リフォームを思い立った頃から,私の内側から変化があった。 いや,変化があったから,リフォームに行き着いたのだろう。
著しい特徴として,無音が好き。
会話も基本的には活字で取り込むのが好きだとか…明るいヒッキー。
ココロを許したもの(ヒト)以外の話し声さえも私には不協和音のような雑音になってしまって。
時には, 日本語の頭に意味が入ってくる音楽も煩わしく感じる。そのせいか外国語がわからないのをいいことに, ヴォーカルも楽器扱いに感じる洋楽を好んで聴いていた。
ところが,それさえも煩わしくなって(歌いたい時は別) インストゥメンタルばかり聴くように。 その傾向は,中学の時には芽生えてただろうか。 起承転結のゆるいエンドレスなものの中でモノをつくる。
音楽の道に進みたいと,音楽学校まで行ったヤツが 実は無音が好きだったと気付いて(まぁ才能もナカッタ) 10代の夢は,19歳終わりかけに消滅した。
自分の中から終わったと感じたから,才能がない故の報われなさや挫折心などがなかったのは,ちょとしあわせだったかも。

そんな自分にも,例外はある。




聴きたくて聴く,KOKIA。
(ニコの方が音が良いのでアカウント持ってる方はニコで是非。)
YOU TUBE

たとえ同じ境遇で育っていても,みんながこうなるわけじゃないから
3歳からヴァイオリンとか,桐朋オペラ科出身とか,そゆ裕福階層英才教育的なのは一切抜きにして。
もっとすごいヒトがいるってわかっていても持った技術以外のもので,ヒトを泣かせる気がする。
流行りの音楽とはいつも遠い場所にいて,カラオケで歌えるような受け入れやすい歌を強要されない場所に進んだヒト。様々なヒトの主張が混ざった色(KOKIA)ではなく,彼女のKOKIA。 その中で少しずつ認められ始めているのは,自らが生きる意味,歌う意味を感じる人生なのだろうな。そういう意思も,KOKIAの好きなトコ。

CDよりもライヴが凄い。
これがひとりのヒトから生まれる表現かと思うと涙が止まらないのだ。 涙が心地良い。
[PR]
by fee_garden | 2007-09-21 00:00 | COCOLO