fe*

猫 ズ と テ ヅ ク リ セ イ カ ツ 。
by fee_garden
プロフィールを見る
画像一覧

キルトのブックカバーつくりました。

a0015800_14325836.jpgお部屋の在庫処分を手伝って下さい~と断続的にクラフト資材や本を下さるお友達の「ニンジン箱」(いつもお仕事が終わるまで待ってから開けるので、目の前にぶら下げたニンジン…というわけです。ヒヒーン。)や、本の貸し出しをして下さる「図書箱」。貸して頂いた本を何度も何度も読んで吸収できたので、そろそろお返ししようかなと思った頃・・・
ニンジン箱のいろいろなキットの中に、HHの文庫本カバーがありまして。本にカバーをつけてお返ししよう~と閃いた。
私は布の印付けが本当に嫌いで(笑)( ̄∀ ̄ヾ そうなるとパッチワークは致命的ですよねぇ~。 でもちょっと頑張ろう!とパッチワークらしいパッチワークに初挑戦。←なのですよ。
やっぱり印付けは苦痛なのですが;; 縫い始めると楽しくて没頭。先日、自分は糸のヒトだ…と書いたのですが、その気持ちに通じるものがあるな~と。手縫いってのがどうも性に合うようです。
一番楽しかったのは、キルティング。想像以上の楽しさでした。
あれから憧れのホワイトキルトに挑戦しよう!と本探索中な日々です^^

a0015800_1432497.jpg
a: 細いリボンのブックマーク。ポイントがボタンってのがテヅクリな感じでかわいい。
b: SHOPの品物の名前に選んだドワーフ…など小人や妖精とか空想の小さな存在が好きです。そんなコビト好きを知って貸して下さったのが「木かげの家の小人たち」と「暗闇の中の小人たち」。
ファンタジーでかわいい世界のお話なのかな~と読み始めたら、第二次世界大戦の時代背景でリアルに進行するお話で、一気に引き込まれました。(暗闇・・の方は、メッセージ性のあるファンタジーです。) 文庫本の方は1979年に購入されたようです。古い文庫本のフォントが大好きなんです。銀色夏生さんの古い頃の本もこのフォント。
今の文庫のフォントは確かに読みやすいけど 雰囲気が足りないな~と、ちと哀しい。
この本を読んでからはブルーのコップにミルクを入れて置きたくなりました^^

逆輸入チックに楽しんでもらえると嬉しい( ̄m ̄*)
[PR]
by fee_garden | 2005-07-27 00:00 | HANDMADE NOTE